それって日本だけ!?海外の脱毛事情

ツルスベ信仰の日本。女性がムダ毛の処理をすることは当たり前。処理を怠ると男性からも

「女子力が低い」「女の自覚がない」

など思う人も少なくないです。
日本の女性は今日も足しげく脱毛サロンに通ったり自己処理をしたりして、せっせと健気にムダ毛の処理している事でしょう。

「女性は全身のムダ毛の処理をするもの」

日本ではもはやこれが当たり前です。

ですが、海外となると事情は変わるようです。海外旅行へ行って現地の女性のワキ毛がぼうぼうに生えていてビックリした日本人が案外います。

日本では当たりのムダ毛処理も、海外にいくと当たり前ではないんだなという事がわかります。今やグローバルな社会ですから、海外の人とお付き合いをする機会も無くはないですよね。その価値観の違いからお互いに驚く事もしばしばあるよう。

では、海外のムダ毛に対する考え方はいったいどうなっているのでしょうか?

デリケートゾーンは無毛が好まれる

ビーチではしゃぐ女性

欧米の人にとってアンダーヘアの処理は当たり前。しかも無毛(ハイジニーナ)の方が粉まれます。日本だと完全無毛にたいして抵抗がある人も多く、アンダーヘアを脱毛しても形を整える程度にとどめる人も少なくありません。アンダーヘアの未処理は不衛生と考える人が欧米では多く、大体の人がヘアの処理をしています。

特に沖縄は外国の方が多く暮らしていて、アメリカ人男性と付き合う女性もたくさんいます。デリケートゾーンの未処理で驚かれる事もあるんだとか。アメリカ人男性とお付き合いをしたいと思う女性はデリケートゾーンの処理はしておいた方が良さそうです。

その脱毛方法は?

サングラスの白人女性

海外の脱毛で主流なのがワックス脱毛。カミソリでの処理は肌を傷めるイメージがあるため、カミソリを使って自己処理をする人はほとんどいません。日本だとワックス脱毛はサロンでやるイメージが強いですが、海外では自己処理でワックスを使う人が多いです。日本がカミソリで自己処理することと同じ感覚です。

ブラジリアンワックスのサロンは沖縄の中部でも最近多く見られますね。海外の人が特に多い中部ではブラジリアンワックスの需要が高いですし、それに伴って沖縄の女性もブラジリアンワックスで処理をする人も増えています。

エステへ行き、光脱毛やレーザー脱毛を欧米人はやらないのか疑問がわきますが、最近はエステで脱毛をする方も増えてきているようです。ただ、光やレーザーの脱毛ではなく、ニードル脱毛が海外では主流なようです。ニードル脱毛とは、毛根に直接極細の針を刺し、電流を流しこんで毛根を破壊するというもの。日本では最近見なくなった手法です。
光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に強く反応するため、メラニン色素の少ないお欧米人の毛質に向かないためです。

かといって全身脱毛までしない

二人の白人女性

デリケートゾーンのお手入れはバッチリな欧米人。しかし、腕の毛や足の毛といった人目に付く部位は未処理な人が多いです。色素が薄いので毛が生えていても日本人ほど目立たないという事もあり、あまり気にならないのかもしれませんね。日本人は肌の色も白く、毛は黒々としていますからどうしても目立ってしまいます。

お隣、中国韓国では・・

韓国人女性

中国はムダ毛にとても寛容な国。というか、ムダ毛という概念がないのでムダ毛処理の文化はあまり根付いていません。そしてカミソリは肌に悪いと考えているので自己処理せずムダ毛伸ばしっぱなしという方が多いです。ワキの毛もそのまま放置という人も大勢いて驚かされます。しかし、最近では富裕層の間で脱毛が浸透してきているようです。
韓国の脱毛事情は日本と似ています。美意識が高い人が多いので全身をツルツルにする人も増えてきています。韓国でもハイジニーナの脱毛は人気です。ですがやはり全体的にみると日本人ほど意識は高くなく、アソコはツルツルなのに腕や脚は毛が生え放題という方も少なくありません。

さらに中東、イスラム圏となると

イスラム女性

イメージはないですが、脱毛に対してとても熱心で、ワキやアンダーヘアの脱毛は当たり前です。これは宗教上の考え方からくるもので、ムダ毛は不浄なものとされているようです。そのため、女性だけではなく男性もムダ毛の処理をしている人も多く、特に花嫁は結婚式の前に全身の毛を処理する必要があります。
最近は沖縄南部あたりも中東圏の方々が増えてきたように思いますが・・。彼らも脱毛をしているのでしょうか?疑問です。

いかがでしたか?日本人女性の脱毛の意識は世界的に見ても高いと思いますが、ムダ毛に対しての価値観は世界各国様々です。今やグローバルな社会ですから、海外の人とお付き合いをする機会も無くはないですよね。

沖縄中部の脱毛ならココ!お勧めサロン10選