光脱毛の痛みを麻酔クリームで軽減!?安全面も徹底チェック!

外人女性が顔にクリームをつけている

ムダ毛を脱毛する際、もっともポピュラーな手法として挙げられる光脱毛。

心配なのが、「施術時の痛み」ですね。
沖縄の人は毛が濃く多いため、脱毛時の痛みをより強く感じてしまう人も少なくないでしょう。
脱毛時の痛み対策として、麻酔クリームを購入する人が増えているようです。

とくに痛いみが強いVIO脱毛の際、事前に塗布をしておくことで痛みが軽減されます。
麻酔クリームとはいったいどのような物なのでしょうか?

麻酔クリームとは?

麻酔クリームは表面にぬる事で感覚を麻痺させる部分麻酔の事。
皮膚を一時的に麻痺させることにより、痛みを軽減させる事ができます。
麻酔クリームを取り扱えるのは医療機関のみで、医療脱毛を行う場合希望があれば塗布してくれます。
一方医療機関ではないエステでは、医薬品を取り扱う事は薬機法という法律に触れるため、提供する事ができません。

光脱毛で麻酔クリームを使用したい場合は個人的に購入し、自分で塗布してから施術をする形となります。

しかし日本国内で麻酔クリームの一般的な販売は厚生労働省で認められておらず、ドラッグストアで購入する事もできません。ではいったい、麻酔クリームを使用している人はどのようにして入手しているのでしょう?

麻酔クリームは通販で購入できる

実はこの麻酔クリーム、個人輸入サイトで通販すれば購入する事が出来るのです。

リドカインやエムラクリームという商品名でよく知られています。

個人輸入サイトとは海外製の医薬品を取り扱い、製薬会社から本人へ直接輸入させるサイトの事。輸入というと難しそうですが、利用者はamazonや楽天でショッピングをするような感覚で商品を購入する事ができます。

個人輸入とは?

日本で売買が認められていない医薬品でも、個人輸入を介して購入することは薬機法でも認められている行為です。

麻酔クリームを使用している人は、この個人輸入を利用しています。

個人輸入で購入したものは購入者本人のみに限られるので、薬の塗布は自分で行う事になります。

麻酔クリームの使用方法

麻酔クリームは脱毛当日に、施術予定時間から逆算して行う事になります。
麻酔クリームの使用方法は以下の通りです。

~脱毛当日~
①ムダ毛を剃り、皮膚の汚れも一緒にキレイに洗い流す。
②麻酔クリームを浸透させたい場所に、皮膚が直接見えない程度に塗る。
③麻酔クリームを塗った所にラップでカバーし、放置タイム
※放置時間の目安は1時間前後。効き目が早い場合は30分でOK④塗布したところがマヒしているか、指で触って確認する。
⑤麻酔が効いていたら、ガーゼなどで拭き取る
point
使用前は必ずパッチテストを行いましょう。

麻酔の効果持続時間は1~3時間程になります。効果が続いている間に脱毛が行われるように塗布時間を調整しましょう。

このような方は麻酔クリームを使用する事ができません

麻酔クリームの成分であるリドカインアレルギーを持っている方はアレルギーを発症してしまう可能性があります。
アレルギーの症状としてはこれらの症状があります。

全身性の発疹やかゆみ
低血圧
呼吸困難
低血圧、気分不良

リドカインは歯医者でも使用されている成分です。過去にこのようなアレルギー症状(アナフィラキシーショック)を起こしたことがある方は使用を避けてください。

麻酔クリームの利用者の声

実際に麻酔クリームを使用している方の声です。麻酔の効果はどれほどか、参考に見てみましょう。

私は自分で持ってるので(エムラというクリーム麻酔)塗って行ってました。ただ色々塗った後の処置が難しいから慣れていないと面倒です。クリームは痛み5割減といった感じですが、無痛ではありません。
医師にはVIO見せないから大丈夫!                  参照 沖縄のうわさ話

 

使用してみた人の意見をみると、結構効果はありそうな感じですね。

麻酔クリームは実は危険だった!?安全性は?

驚く女性
薬を取り扱う事が出来ないエステ脱毛の痛み回避の裏ワザである麻酔クリーム。
実は自己判断で使用すると人体に大変な影響を及ぼす事があるようです。
いったいどんな影響があるのでしょうか?

火傷のリスク

麻酔クリームを使用する事で、照射時の火傷のリスクが高まるようです。なぜならクリームは性質上油分を含んでおり、その油分は拭き取っても毛穴に詰まってしまいます。毛穴に詰まった油分による影響で火傷を起こしてしまう可能性が高いのです。

過去に死亡例も・・・

アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省にあたる機関です)は、麻酔クリームなどの局所麻酔は心拍に影響を及ぼし、発作や昏睡など重篤な副作用を起こす可能性があると発表しています。

詳しくはコチラ

20代女性がレーザー脱毛の痛みを軽減するために、自分の足に麻酔クリームを塗り、麻酔効果を高めるためにラップで包んだ結果、発作を起こし昏睡状態となり麻酔の毒性によって死亡したという事故があります。

麻酔クリームを広範囲に使用し長時間クリームが残っていると、皮膚が成分を吸収。血流まで成分が達し、体に重大な被害を起こす可能性があるのです。

もちろん麻酔クリームは病院では普通に使用されているものですが、医師の監視下により行われています。

通販で購入し、手軽に利用できそうなものですが自己判断で使用する事は危険行為でもあるようです。

麻酔クリームの使用は自己責任

とはいえ、通販で購入して使用している人がいるのも事実です。ただ、通販で医薬品を購入しその結果体に害があったとしても、誰かに責任を追及したりする事はできません。

使用は自己責任となります。

まとめ

個人輸入サイトで気軽に購入できる麻酔クリーム。麻酔クリーム自体を取り扱う事が出来ないエステ脱毛の施術で、痛みが心配な方にとても便利なものです。
ですが人体に悪影響を及ぼす危険性もあるため、麻酔クリームを使用する場合は塗布範囲や量、放置時間に気をつける事が大切です。
使用する場合は十分注意しましょう。

沖縄中部の脱毛ならココ!お勧めサロン10選